トップ 差分 一覧 カテゴリ ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

Win32/Compiler/MinGW

INDEX

MinGW - Minimalist GNU for Windows

UNIX 用の C/C++ コンパイラの GNU Compiler Collection (GCC) を Windows に移植したもの。MSYSは軽量のUNIX風シェル環境で(makeなどの)コマンド群が含まれる。

MinGW 環境を構築

 ダウンロード

MinGW files (SourceForge.net) からMinGW (MinGW-x.y.z.exe) と MSYS (MSYS-x.y.z.exe) をダウンロードします。

2009-10-02 現在だと以下の様な構成になっている。

▼ Automated MinGW Installer
 ▼ MinGW 5.1.6
  ▼ MinGW-5.1.6.exe

▼ MSYS Base System
 ▼ Current Release_ MSYS-1.0.11
  ▼ MSYS-1.0.11.exe

 MinGW のインストール

MinGW のインストーラ (MinGW-x.y.z.exe) を起動し、ウイザードに従って進めていく。

インストールの途中で必要なファイルのダウンロードが行われる。選択するコンポーネントによるが、インストーラと同じディレクトリに最大で50MiBほどダウンロードされたファイルが置かれる。

インストーラの新しいのがあると「A newer version of the MinWG installer is available. Would you like to upgrade now?」と表示される。「はい」を押下すると中止し、「いいえ」を押下するとそのままインストールが行われる。

Welcame to MinGW

そのまま「Next >」を押下。

Install or just download files?

インストールまで行う場合は「Download and install」、ダウンロードのみ行う場合は「Download only」を選択し、「Next >」を押下。

License Agreement

MinGW のライセンス条項 GNU Public License (GPL) が表示されるので、内容を確認して同意できるならば「I Agree」を押下して進める。

Choose Package

インストールする MinGW のパッケージを選択する。「Current」が現在のリリースバージョン、「Previous」は一つ前の、「Candidate」は次のリリース候補のバージョンとなる。特に理由がなければ「Current」を選択し「Next >」を押下。

Choose Components

インストール構成を選択する。「Minimal」が最小、「Full」が完全、「Custom 」がカスタムインストールとなる。「MinGW base tools」と「g++ compiler」を選択すればよいでしょう。また、「MinGW Make」は、 MSYS で make 入れるので選択しない。必要なコンポーネントを選んで「Next >」を押下。

Choose Install Location

インストール先を指定する。デフォルトの「C:\MinGW」ままでいいでしょう。あとでトラブルの原因になるので「Program Files」の様に空白や日本語が含まれるようなものは避ける。

Choose Start Menu Folder

スタートメニューへの登録するメニューグループを指定する。デフォルトの「MinGW」のまままで「Install」を押下。

Installing

ダウンロードとインストールが行われる。

Installation Complete

インストールが完了したら「Next >」を押下。

Installation Complete.

「Finish」を押下。

 MSYS のインストール

MSYS のインストーラ (MSYS-x.y.z.exe) を起動し、ウイザードに従って進めていく。

Setup

「This will install "Minimal SYStem". Do you wish to continue?」と表示されるので、「はい」を押下するとインストールが始まる。

Welcame to the "Minimal SYStem" Setup Wizard

そのまま「Next >」を押下。

License Agreement

MinGW のライセンス条項 GNU Public License (GPL) が表示されるので、内容を確認して同意できるならば「Yes」を押下して進める。

Information

そのまま「Next >」を押下。

Select Destination Directory

インストール先を指定する。デフォルトの「C:\msys\1.0」ままでもいいでしょう。あとでトラブルの原因になるので「Program Files」の様に空白や日本語が含まれるようなものは避ける。

Select Start Menu Folder

スタートメニューへの登録するメニューグループを指定する。デフォルトの「MinGW」のまままで「Next >」を押下。

Ready to Install

インストール内容が表示されるので確認して「Install」を押下。

Installing

インストールが済むと

C:\MinGW\msys\postinstall>PATH ..\bin;

C:\MinGW\msys\postinstall>..\bin\sh.exe pi.sh

This is a post install process that will try to normalize between
your MinGW install if any as well as your previous MSYS installs
if any.  I don't have any traps as aborts will not hurt anything.
Do you wish to continue with the post install? [yn ]

ポストインストールを行うので「y」を入力し進める。

Do you have MinGW installed? [yn ]

MinGW がインストールされているか聞かれるので、MinGW のインストールが完了していれば「y」を入力し進める。

Please answer the following in the form of c:/foo/bar.
Where is your MinGW installation?

MinGW のインストール先を聞かれるので、インストール先のパスをを入力する。ただし、「C:/MinGW」の様に「\」は「/」に変える。

Creating /etc/fstab with mingw mount bindings.
        Normalizing your MSYS environment.

You have script /bin/awk
You have script /bin/cmd
You have script /bin/echo
You have script /bin/egrep
You have script /bin/fgrep
You have script /bin/printf
You have script /bin/pwd

Oh joy, you do not have C:/MinGW/bin/make.exe. Keep it that way.

C:\MinGW\msys\postinstall>pause
続行するには何かキーを押してください . . .

「you do not have C:/MinGW/bin/make.exe.」と make.exe がないと言われるが、MSYS に含まれるので問題ありません。

何か適当なキーを押して、ポストインストールを完了します。

Setup has finished installing

「Finish」を押下してインストール完了する。

「Welcome to MSYS」にチェックされているとそのまま、MSYS のコンソールが起動します。

 環境変数の設定

MinGW をコマンドプロンプトから使用したり、他のIDEなどのアプリケーションから使用する場合は、環境変数の設定が必要となります。

変数
MINGW_HOME (MinGW インストール先)
MSYS_HOME (MSYS インストール先)
PATH %MSYS_HOME%\bin;%MINGW_HOME%\bin; を追加(*1)
C_INCLUDE_PATH %MINGW_HOME%\include
CPLUS_INCLUDE_PATH %MINGW_HOME%\include
LIBRARY_PATH %MINGW_HOME%\lib

※PATH は既存の文字列を消さないように。ユーザ環境変数に新規追加する場合は、「%MSYS_HOME%\bin;%MINGW_HOME%\bin;%PATH%」の様にシステム環境変数も組み込まれるようにする。

 MinGW と MSYS の確認

gcc および make コマンドがそれぞれ呼び出されれば完了です。「command not found」や「操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。」の様に表示された場合は、インストールに失敗しています。コマンドプロンプトの場合、多くは環境変数の設定ミスです。

MSYS コンソールを使用する場合

スタートメニューから、「MinGW」≫「MSYS」≫「msys」を選択する。シェルが起動してコンソール画面が表示される。

$ gcc --version
gcc.exe (GCC) 3.4.5 (mingw-vista special r3)
Copyright (C) 2004 Free Software Foundation, Inc.
This is free software; see the source for copying conditions.  There is NO
warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.


$ make --version
GNU Make 3.81
Copyright (C) 2006  Free Software Foundation, Inc.
This is free software; see the source for copying conditions.
There is NO warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A
PARTICULAR PURPOSE.

This program built for i686-pc-msys

コマンドプロンプトを使用する場合

コマンドプロンプトを開き、コマンドを実行する。

C:\>gcc --version
gcc (GCC) 3.4.5 (mingw-vista special r3)
Copyright (C) 2004 Free Software Foundation, Inc.
This is free software; see the source for copying conditions.  There is NO
warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.


C:\>make --version
GNU Make 3.81
Copyright (C) 2006  Free Software Foundation, Inc.
This is free software; see the source for copying conditions.
There is NO warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A
PARTICULAR PURPOSE.

This program built for i686-pc-msys

 MSYS コンソール

マウント

デフォルトで以下のようにマウントされる。
Windows側 MSYS側
(一時ディレクトリ) /tmp
(MSYS インストール先) /
(MSYS インストール先) /usr
(MinGW インストール先) /mingw
c: /c
「/tmp」は、一時ディレクトリ(通常は、C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Temp)となる。各ドライブは「/ドライブ名」としてマウントされる。

また、MSYS インストール先の \etc\fstab にWindows側のフルパスとMSYS側のマウント先を記述するとシェル起動時にマウントされる。デフォルトで MinGW が記述されている。

ホームディレクトリ

ホームディレクトリは、MSYS インストール先の \home にユーザ名のディレクトリが作られそこになる。「.profile」などを置けば起動時に読み込まれる。

メモ

最終更新時間:2009年10月06日 17時51分41秒 指摘や意見などあればSandBoxのBBSへ。